tera〜長渕剛とラーメン好き〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 吉川なまずマラソン 桜並木の中でハーフを走った

<<   作成日時 : 2010/04/11 08:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

吉川なまずマラソンに初めて参加した


毎年4月上旬のマラソン大会、

今まで出たことはなかった



「花粉」がピークのこの時期はちょっと2時間走るのはきつい

練習もほとんどできないのだ・・・(それは言い訳だけど)



画像



いつものように・・・

というか、いつも以上に練習量が今回は少ない



一緒に参加する予定の会社の陸上部部長は今日は予定が入ってしまい

オレひとり。



まあ、ゆっくり走ればいいやくらいの気持ち・・・




自宅を朝6時過ぎに出て車で吉川へ

ウチから会場まで近い、近い



吉川近辺の少年野球でよくくる場所の辺りを走るのでなんとなく距離感とか場所の感覚がありその点は心強かった


画像



朝少しひんやりしていたけど

走るにはちょうどいい


暑くもなく、寒くもなく


桜並木の田舎の風景を楽しみながら走ることができた

練習不足の割には、1時間53分のタイム。まあまあかな。





作家や経済評論家として知られる渋谷和宏さんがpodcastで先日おっしゃっていた


地方の「経済」活性化と最近の「マラソンブーム」

渋谷さんはご自身もマラソンが好きで先日も青梅マラソンに参加されたときに感じたそうだけど


東京マラソンのような大規模で大企業が何社もスポンサーにつくという珍しいパターンもあるけど、マラソン大会はほとんどは「地方」で行われることが多い。

少し大きめの大会などは各地から走りに来る人も珍しくはない

オレが毎年出ている、千葉サンスポマラソンも全国からの参加者もいるし、春日部大凧マラソンも年々参加人数が増加している

地方でのマラソン大会に参加する人が多ければ、それだけでも地方の経済はそれだけでも刺激されるだろう

そこでの飲食やイベントなどを組み合わせていけばさらに効果的に



「地方経済」が苦しいと言われるけどこの「マラソン」のような基本的にお金がかからず、しかもブームでどんどん参加人数が増えているスポーツを組み込むことで町興しのいいきっかけにもなる


オレが昨年参加した「手賀沼」マラソンでも

普段は夜しかやらない居酒屋なのに、マラソンイベントに合わせて「昼営業」をやり店内はマラソン帰りの人でいっぱいで「特需」になったようだ(オレも帰りここでビールをたくさん飲んだ

地方だったら、通行止めなども都会ほど支障はないだろうし、

ボランティアも、こういうのを仕切るのが大好きな厚かましい(?)町内会のおじさんも田舎にはわんさかいるだろう(笑)


地方の活性化とマラソンの組み合わせはとてもいいアイデアだと思うのだ・・・












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
草加ふさサラマラソン、今年10月にまたやるらしいですね。Qちゃんがまたまたゲストで参加のもよう。
草加市民
2010/04/11 10:23
草加市民さん、情報ありがとうございます!
絶対に参加します。
Qちゃん呼ぶのに結構お金かかるみたいだけど…(?!)
草加の活性化のためになるといいと思います。
tera
2010/04/11 22:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Masanobu Terano

バナーを作成
吉川なまずマラソン 桜並木の中でハーフを走った tera〜長渕剛とラーメン好き〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる