tera〜長渕剛とラーメン好き〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 鈴木康博さんのミニLIVEへ。感動の「一億の夜を越えて」

<<   作成日時 : 2008/08/31 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

オフコースといえば。。。
いまや、伝説のグループになった。

ボクは中学生の頃、オフコースファンで擦り切れるほどレコードを聴いていた懐かしい思い出がある。


オフコースというと、何といっても小田和正さんが超有名。
オフコースというグループはもともと小田さんと鈴木さんが2人で作ったグループ。
後に3人が加わり5人に。

小田さんの人気はいうまでもないけど、鈴木さんの歌もボクはなかなか好きだった。

あの伝説の10日間連続の武道館コンサートとか、
中学生だった頃の多感な(?)ボクは彼らの魅力に取り付かれてしまった。
(もちろんその頃はライブにはいけなかったけど・・・)

オフコース人気絶頂のとき、
鈴木康博は脱退、4人になったオフコースも間もなく解散する。

その後小田和正、ソロで爆発的な人気を誇ることに・・・。




   ---*---*---*---


ママの働くお店の関係者の方の奥さんと鈴木康博さんの奥さんが友達だとかで・・・。

ママの店で「ミニLIVE」をやるっていう話になったらしい・・・。


「へえ、すごいね」

ちょっと行きたかったんだけど、食事を兼ねたディナーショー(昼間だからランチショーか?)のような企画でやるらしくお金が少しかかるようだ。


昔、好きでも今は聴かないし。
今は、オレ95%以上は長渕剛オンリーだからなあ。

観たい気持ちもあるけど、お金かかるから遠慮しとくよ・・・。




---行かないつもりだったけれど。

ママのお店の責任者の方が配慮してくれて、
LIVEだけだったら、無料で観てもいいですよと言ってもらってるらしい。。


一人で行くのは気が引けたけど、
こんなチャンスは2度とないだろうから。
鈴木さんの歌にあるように、『のがすなチャンスを』だ。

ちょうど少年野球が2時過ぎに終わり、3時の開演に間に合うように店に行く。
ウチに帰ってあわてて着替えて行った。

ミニLIVEと言っても、2時間にわたりギターと歌を聴くことができた。

ボクがオフコースを聴いていたのはかれこれ25年くらい前の話なので、
1,2曲知っているのがあれば恩の字かなあ。

・・・でもオフコース時代の歌もたくさん歌ってくれた。
これがすげえ、すげえよかった!

さすがに歌詞までは忘れてしまっていたけど
口ずさめるような歌もあった。

「いくつもの星の下で」
「逃すなチャンスを」
「RUNAWAY」
「もう花はいらない」
「君におくる歌」

ああ、懐かしい・・・

鈴木さんの歌では、

「一億の夜を越えて」
という歌がかっこよく一番好きだった。

この歌を歌ってくれたときは感激も感激



小田さんのようにメジャーとはいえないかもしれないけど。
鈴木さんは今もなお、好きな歌を歌い続けているという意味ではすばらしいと思う。

昔は暗いとか硬いとか言われていた鈴木さん、ぜんぜんそんなことはなかった。
やさしくあたたかい雰囲気と甘い歌声は本当に感動した。



そして何と言ってもギターのテクニック

長渕のアニキとはまた一味違う、ギターの音色。

アコースティックだけでなく、エレキも。
もう圧巻だった・・・。

この人のギターテクニックはとにかくめちゃスゴイ

画像


ミニコンサートが終わった後は、CD販売会とサイン会、そして写真撮影も気軽に応じてくれた。
握手もしてもらいうれしかった。

昔、LPをよーく聴いていた人にこうして間近で会うことがあるなんて。

生きてるといいことがあるなあ。

画像


鈴木康博さんも、今年でもう還暦を迎えたそうだ。
もっと若いと思っていたのでびっくりした。

還暦といってもまだまだ。
まだまだ走っていきたいと言っていた。

70歳になっても歌い、そのときにまた何かやりたいことがあったらやりますと語っていたのがとても印象的だった。

それにしても背がデカかった。
ちびのオレはホントに貧相に見えるなあ。

オフコース時代の歌をリバイバルした「for ward」というCDをボクは購入した。

今日は25年前のオレにちょっとだけ戻れてうれしかった。


鈴木康博ホームページはコチラ



forWard
EMIミュージック・ジャパン
2004-12-08
鈴木康博

ユーザレビュー:
20年目のモノローグ ...
20数年ぶりの再会Y ...
オフコ?ス時代の懐か ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ひさしぶりー(^^)/
元気そうで何よりです。
オフコース!!僕も大好きだったよー!!
う〜ん 懐かしい
久しぶりに聞きたくなってきました。
僕は、えっと秋の日じゃなくて… 忘れちゃったけど、「夏は冬に憧〜れて 冬は夏〜に帰りたい あのこ〜ろのこ〜と今では…」って言う歌詞の歌がなんだか好きだったよ。
としぞう
2008/09/06 00:19
としぞうくん、こんにちは。
それは「夏の終わり」っていう歌で、小田さんはリバイバルでも歌っていたね。

オフコースが復活してくれたら!なんて思うけど、それはムリかなあ。
tera
2008/09/06 18:32
こ、これはあのオフコースのヤスさんではないですか
うらやましい〜〜
イバニーズのヤス限定モデルARシリーズだったっけ?あこがれたなあ〜。今はプレミアで手が出ません…

2009/10/07 01:23
ヤスさん、めちゃくちゃかっこよかったです。ギターのテクニックは今でも右に出る人はいないでしょう
tera
2009/10/08 05:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Masanobu Terano

バナーを作成
鈴木康博さんのミニLIVEへ。感動の「一億の夜を越えて」 tera〜長渕剛とラーメン好き〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる