tera〜長渕剛とラーメン好き〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「マリと子犬の物語」を観た。

<<   作成日時 : 2008/01/08 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


冬休み、家族5人でマリと子犬の物語」を観に行ってきた。

映画はあまり観ないテラ家。
でもママはときどきディズニー映画とかに子供達を連れて行ったりしているようだ。

2004年の新潟中越地震の山古志村で実際にあった話、地震で住居が崩壊し、下敷きになったおじいさんと少女を犬が助ける。その後離れ離れになった人間と犬が感動的な再会を果たすっていう話を映画化したもの。

三男シュウでも観てわかるものということでこの映画を選んだ


この映画でいろんなことを感じた。

地震の恐さ・・・とにかく、恐ろしかった。ボクはもちろん、家族もこんな大きな地震を体験したことはない。
それにこの話は大昔の話ではなくて、つい数年前の話。。。

動物と人間の愛情・・・
本当に純粋な愛だなあ。
しかも犬は頭がいい・・。
ウチのバカ猫たちはオレ達を助けてくれるだろうか(笑)

父親と子供の愛情・・・
父親(船越英一郎)が、「お前達が世界一大事なんだ!」と叫ぶシーンは感動的だった。
おじいちゃん(宇津井健)、おばちゃん(松本明子)もいい味をだしていたなあ。

単純なストーリーなんだけど。
なんか感動したなあ。久しぶりに号泣した・・・

子供達にもこの映画を見せてよかった。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Masanobu Terano

バナーを作成
「マリと子犬の物語」を観た。 tera〜長渕剛とラーメン好き〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる