tera〜長渕剛とラーメン好き〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 審判講習会に出席。

<<   作成日時 : 2007/02/27 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

日曜日午前中、「親子大会」を休んで午後からの「卒団式」に合わせて、卒団制作の仕上げをするつもりだった。でもこの日は、「審判講習会」があるので、そちらに出てほしいと監督からメールが。

昨年は、大人の審判と少年野球の審判とで合同の講習会だったんだけど、今年は少年部のみでの講習会。

講師は昨年と同じ、埼玉県の審判「1級」の資格を持つ方が3名いらっしゃって、行われた。

体操とか、発生練習とか。
ストライクやセーフとかのコールとジェスチャーの練習を。

何度もこのブログで書いたことがあるけど、審判は本当に難しい。

アウト!とコールするときも、普段の立ち位置、ジャッジの位置、タイミング、ちゃーんと決まりみたいなものがあるのだ。

1塁塁審の場合、1塁ベースよりも7mくらい後ろにさがって立つ。ランナーがいるときは、それが2,3mになり、「ルック」の姿勢(中腰、両手はひざ)になる。

例えばサードゴロの場合、ボールと約90度の位置に入る。3塁手が投げたボールの軌跡は追わず、投げた直後に1塁ベースに向いてルックの体制に入る。
アウトの形は、ヒジを90度に曲げ、肩の高さよりも高く、「ドアをノックするように」、軽くグーを握る、親指は出してはいけない。アウトはゆっくり、セーフはすばやく。
アウトの手はすぐに引込めずしばらく1,2秒出しておく。きれいに見えるし、スコアラーがわかりやすいから。

よく、歩きながらコールする人がいるが、歩きながらのコールは実にかっこ悪く見えるんだそうだ。

ボクもコウがこのチームに入った頃はまだコーチが少なく、入りたてでいきなり審判をやらされた覚えがある。
野球、シロウトのこのオレに、ムチャやで!

生まれて初めて3塁の塁審をやって、ずいぶんと怒られた覚えがある。「こら、テラ、お前の動きは何だっ!」いや、動きと言われても今日初めてやるもんで・・・。その後も何度も何度も、怒られたなあ。
「うるせーなー」と思っていたけど。今となっては怒られてよかったなあと思う。

相変わらず、野球のルールは覚えないボク。
難しいことが多すぎて、頭の悪いボクには覚えられないのだ

例えば、ピッチャーのボーク。

審判が「ボーク!」とジャッジする。
そこで、ボールデッドになり、ランナーは進塁する!と思っていた。

でも実際は、違うんだそうだ。
審判は「ザッツ、ボーク!」と「タイム」をコールしないと、ボールデッドにはならない。ボークでも投手が投げてそのボールをバッターがヒットにしたら、そのヒットは生きるんだそうだ。・・・ますますわからなくなる。

少年野球でよくある、ノーアウト(または1アウト)ランナー1、3塁。ショート、セカンド前進守備のパターン。
1塁ランナーはピッチャーがセットポジションに入ってるうちにすかさず2塁へ盗塁。
しかし、ピッチャーがそのまま投げてバッターがファールを打った場合、これはファールとなり、盗塁して2塁にランナーが既に到達していたとしても、1塁ベースに戻らなくてはならないのだ。

なぜなら、「起点」はオン・ザ・ラバー。すなわちピッチャープレートを踏んだところがスタートになるからなんだそうだ。

わけ、わからん

誰か、よーくルールを勉強して、オレにわかりやすく教えておくれ(笑)

画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
オレもソフトの審判を何年もしたから解るよ。
本当に大変。!!プレーしていたほうがどれほど楽かよく解ったよ。審判をして良く解ったのは選手は審判が判定した時の位置をよく見ていていい位置にいればあまり文句を言わないね。   
岐阜のミイくん
2007/02/27 21:07
ミイ君は審判の資格とか持っているの?!審判がいい位置にいるというのは大事なことかもしれないね。
tera
2007/02/28 06:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Masanobu Terano

バナーを作成
審判講習会に出席。 tera〜長渕剛とラーメン好き〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる