tera〜長渕剛とラーメン好き〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 故郷のことば

<<   作成日時 : 2006/12/03 22:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

平成7年1月1日付の「中日新聞」に載っていた。ボクが結婚した翌年のお正月、帰省したときに読んだ新聞だ。

それを東京に持って帰ってきて、今でもその新聞を大事にとってある。

画像


「岐阜の方言」のことが書いてある。

先日、久しぶりに故郷に帰って、改めて故郷の言葉ってあったかいなあと思ったんだ。

新聞に書いてある言葉を借りると、


方言には、懐かしさとともに何か気恥ずかしさも交じるけれども、臭い、音楽などと同じで、瞬時に「あの頃」に立ち返る・・・


18の頃、東京に出てきて、ボクが一番最初に困ったことは「ことば」だった。
ボクは自分が訛っているなんて、今まで思ったことがなかった(笑)ので、初めて友達になったヤツに笑われた(くそっ)。

そういえばその頃は、頭の中で、田舎の言葉を通訳してから東京の言葉に直してから話していたような(笑)

とは言っても、田舎の言葉、ボクは好きなので、未だに口から出すこともある。

それに「東京の言葉」ってよく言われるように、一種の「冷たさ」ってあるように思う。
そしてどことなく軟弱っぽいっていうか、女々しいところがあるっていうか・・・。
ただ、東京にも「訛り」ってあるしね。

車で帰省するとき、中央自動車道の恵那山トンネル(道路トンネルでは日本で3番目の長さ)を通過したところにある、「恵那SA」で必ず休憩する。サービスエリア内の人たちの会話を聞くと、「あ〜、帰ってきたんだなあ」という気持ちになる。

電車で帰ってくるときは、名古屋まで新幹線、そのあとJR中央本線で長野方面へ向かう電車の中で乗客の会話に耳を傾けると、懐かしい名古屋弁や岐阜弁が聞こえてくる。

よく考えると、名古屋弁とか岐阜弁とかって面白い。

いくつか新聞に載ってた言葉を紹介しよう


【なも】・・・「ですね」という意味。ボクもあまり使ったことはないけど、小学校のときのある先生はよく使っていた。「そうですね」っていうのを「そうだなも」と言う。

【せる、らる】・・・「・・・られる」という意味で、岐阜が誇る敬意表現と新聞は言う。岐阜の人は心が和む表現だという。いらっしゃるのことを「ござらっせる」、「おいでんさる」。ござらっせる、そういえば、ウチのおじいちゃんがよく言ってたな(笑)

【やろー】・・・「このやろー」ということではなくて「○○でしょう」の意味。気の合う仲間同士で、そうだよねって同意を求めるときに使う。関西でも使うみたいだけど。ウチの田舎では「そうやらー」とも言う。

【くろ】・・・隅っこの意味。「これ、くろに置いて」というのは端っこに置いてくれということ。くろというのもおじいちゃんがよく使っていた。

【えかっ】・・・念押しの言葉、「いいねっ」っていうこと。岐阜の代表的な方言だそうだけど、他の県の人が聞くと、すごく命令口調に聞こえてしまうみたい。

【かんこうする】・・・観光ではない。「考える」とか「工夫する」とかっていう意味。「よう、かんこうしときますぅ」なんていうと、役人答弁のように適当にごまかすときに便利だ(笑)

【やらしいで】・・・エッチだから、という意味ではない。新聞が言うには、岐阜人の特筆すべき奥ゆかしさが感じられる言葉。ちょっと遠慮したいときなどに「やらしいで、ええわ」と使う。

【まわし】・・・準備のこと。「ご飯のまわししといて」とつかう。決して「ふんどし」のことではない。

【ほんで何?】・・・本来は、「それで何?」ということだが、つなぎの言葉として使い、「ところでさあ」のような感じで使う。「ふーん、ほっか(そうか)、ほんで何、いつ遊ぶの?」という感じ。

【りゃー、しやー】・・・「〜しなさい」とか、「〜した方がいいよ」ということ。「行ってきやー」、「待ってりゃー」。

(岐阜弁の一部を紹介しました)



関東の人には、「岐阜」ってマイナーな県のようだ。歴史が好きという人以外は。
岐阜ってどこですか?島根の方ですか?・・・お前はアホか?(笑)
岐阜ってどこですか?東北ですか?・・・ぶっ殺したろか(笑)

なんともいえない、「やさしさ」があるんだ、岐阜弁って。
イントネーションがなんとも言えない親しみがあるんだよなあ。

だから、「岐阜弁」をしゃべる女の子、好きなんだよねえ(笑)








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
懐かしい言葉ありがとうございます。オレが東京にいた時はあまり言葉には困らなかったよ。会社の独身寮に東北の秋田の人がいてこれには参ったよ。全然聞き取れないし。解らなかったよ。寒いのに寝るときは素っ裸で寝るし。オレには東北人を理解することはできなかったよ。!!もっとも西原のじいちゃんたちが鹿児島弁で話し出すともうダメ。これも同じ。!!でもこの頃はなれたせいか少しは解るようになった。
確かにテラが言う様に方言にはあたたかい故郷のにおいがあるね。!!一方で方言は徳川時代.地元の人が外からの人を見抜くためわざと難しくしたみたい。 
岐阜のミイくん
2006/12/04 19:30
へえ、徳川の時代には、そういうことがあったんだね!
勉強になったよ!ミイ君。たまにはいいこと言うじゃん!たまには(笑)
tera
2006/12/05 00:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Masanobu Terano

バナーを作成
故郷のことば tera〜長渕剛とラーメン好き〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる