tera〜長渕剛とラーメン好き〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 残念・・・市の大会「準優勝」もう一歩だった

<<   作成日時 : 2006/06/06 00:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

久しぶりに晴れた日曜日。雨で2回流れた、市の大会・準決勝がようやく行われた。

ボクは、試合会場のグランドまで走って行った。ウチからだと5キロくらいかなと思っていた。もう少しある。7キロ近くあるんじゃないかな。
そんなところに走って応援に行くお父さんはいないだろうな(笑)


えらい遠いなあ。途中、メゲそうになる。誰かしら応援に行くだろうから、通りがかった人に車に乗せてもらおうっと。・・・ってこういう時に限って誰も通らない!(泣)

試合は9時から。9時には間に合わなかった。ようやく到着、既に9:10くらい。1回の裏だった。

相手は、今シーズン、2度も負かされているチーム。でもこの試合で勝てば優勝も夢ではない!

結果、準決勝・・・勝った!
やった!喜ぶ子供たち、コーチ、父兄たち!

試合が終わると、またウチまで走って帰った。
途中、知っている人に2人も会って、ちょっと恥ずかしい気分・・・。

画像


この後、午後から決勝。
ボクはBチームの練習が2時からあるので、決勝戦は見られなかった。

そろそろ試合も終わるかな、ってところであるコーチにメールしてみた。試合はどうですか?と。・・・返事がない

おかしいな、白熱してんのかな。

もう一人別のコーチに、どうですか?とメールを。
あれ?・・・また返事がない

また別のコーチにメール。
3人、誰もメールを返信してくれない
・・・ということは・・・。
そうか、ダメだったかな。

後で話しを聞くと、決勝は0−3を逆転して6−3に。
コウは、スクイズをしっかり決めたらしい。守備でもエラーしないでしっかりボールを捕ったようだ。タンコブが無いので、今日は監督からゲンコツを喰らわなかったみたいだ(笑)

そこで向かえた最終回。押し出しやエラーであれよ、あれよという間に悪夢の7点をとられ、結局、6−10で敗退

誰もが一度は信じた優勝。野球は何が起こるか、本当にわからない。野球の面白いところであり、一番怖いところでもある。

ウチのチームは、なぜか「準」優勝が多い。
実力はあるのに、優勝の壁をなかなか越えられない。
ホント、あと一歩、あと一歩なのに。

なぜだろう。越えられない何かがあるんだろう。

解散後、何人かの子供は自分たちで居残り練習をしている。
その中にコウもいる。居残りしたからといってどういうこともないのだけれど、こういう姿勢が大事。

コウは、打てない、守れないけど、チームで一番「声」を出す
これはホントに立派だと思う。まあ、「声」だけなんだけど・・・。

ウチに帰ってくると、声が枯れている。一生懸命試合で声を出してた証拠だ。

そうだな、やっぱり「気魄」が足りない気がする。ウチのチーム。

たかが子供の野球。勝ち負けが全てではない。けれど勝つために努力することの大切さ、勝つために努力して、結果勝ったときの喜びを、子供たちには知ってほしい。

「悔しい」と思えよ、お前たち。
この次こそ頑張ってほしいな。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
すばらしいですね。コウ君。
『声が枯れている』・・いい選手にきっとなりますね。
悔しいと思ってくれる子供が多いチームが結果として一番になっていくんでしょうね。
これからも楽しいBlog拝見させていただきます。失礼しました。
通りすがりです
2006/06/07 00:18
通りすがりさん、ありがとう。
声だけで才能無いですけどね、うちのコウは(爆)
そのときは悔しくても、子供だからすぐに忘れちゃうんでしょうね。でもその気持ちはずーっと持ち続けてほしいです。

また通りすがっちゃってください(笑)コメントもたくさんお願いします♪
てら
2006/06/07 07:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Masanobu Terano

バナーを作成
残念・・・市の大会「準優勝」もう一歩だった tera〜長渕剛とラーメン好き〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる